MTS Contact利用ガイド


Notice: A non well formed numeric value encountered in /home/buttress/www/tm.mt-systems.jp/wp-content/plugins/crayon-syntax-highlighter/crayon_formatter.class.php on line 118

Notice: A non well formed numeric value encountered in /home/buttress/www/tm.mt-systems.jp/wp-content/plugins/crayon-syntax-highlighter/crayon_formatter.class.php on line 119

Notice: A non well formed numeric value encountered in /home/buttress/www/tm.mt-systems.jp/wp-content/plugins/crayon-syntax-highlighter/crayon_formatter.class.php on line 118

Notice: A non well formed numeric value encountered in /home/buttress/www/tm.mt-systems.jp/wp-content/plugins/crayon-syntax-highlighter/crayon_formatter.class.php on line 119

MTS Contactプラグインの利用に先立って、送信元の名前やメールアドレス、フォームを表示する固定ページの登録が必要となります。次からの内容を参照し、ご利用に合わせてお使い下さい。

 固定ページの登録

MTS Contactの問合わせフォーム表示先は、決められたスラッグ名「inquiry」と名付けらた固定ページに表示します。ショートコードでの表示はできません。

問合わせフォームの処理は項目入力後、確認画面を経てメール送信を実行します。メール送信後はスラッグ名「thanks」と名付けられた固定ページにリダイレクトします。ページが見つからない場合は「メールを送信しました。」とメッセージを表示するようになっております。

ブラウザにはリロードボタンがあり、送信後にリロードボタンを押すともう1度メールが送信される事があります。それを避けるためリダイレクトする機能を準備いたしました。

それぞれのページで、スラッグ名「inquiry」の固定ページのタイトルに「お問合わせ」、スラッグ名「thanks」の固定ぴエージのタイトルに「ありがとうございました」と名付け登録して下さい。タイトル、内容は共に自由に登録できますのでご利用に合わせて登録して下さい。

なお「inquiry」ページに登録された内容は、フォームを表示する前に入力内容が表示されます。

送信元メール情報の設定

プラグインディレクトリにある「mts-contact.php」プログラムファイルを直接書き換えます。プログラム上部に「メール情報」とコメントされた次の3行のメールアドレス、名前、ウェブサイトをご利用に合わせて変更して下さい。

くれぐれもそのままご利用ならないようにお願いします。弊社にメールが届いてしまいます。

問合わせメールの件名

問合せフォームが実行されると問合わせを実行した人、および上記設定したアドレスへ件名が「【ホームページからのお問い合わせ】」とされたメールが送信されます。この件名を変更したい場合は「mtscf-inquiry.php」プログラムファイルがプラグインディレクトリにありますので、「mts-contact.php」と同様に変更してご利用下さい。

当該ファイルに「メール情報」とコメントたされた次の行です。

フォームの入力項目変更はできません

問合せフォームは目的によって様々な項目が必要となります。このプラグインの入力項目は最少となっております。必須項目は名前、メールアドレス、内容です。

Webサイトで全般的な問合わせを待つため、送り手が心理的に拒絶する個人情報の入力を減らし、手間を掛けずに問合わせることができることを目的としております。

それ以外の送信フォームが必要な場合、例えば本プラグインに準備された申込みフォームの利用を検討するか、別途制作依頼をご検討下さい。このプラグインは拡張性を重視しております。ご依頼いただければ低コストのお見積り差し上げます。

なお本プラグインでは内容の入力が半角英数字しか入力されていない場合、海外からのスパムメールと判断してエラーを表示するようにしております。