Ver.1.19 その2.月リストカレンダー表示機能追加

月リストカレンダー

複数の予約品目の予約状況を横並びで1カ月分リスト表示する、月リストカレンダーの表示機能がVer.1.19で追加されました。今回の機能追加に合わせて、全カレンダーで共通となる処理をまとめました。これにより表示やメッセージフィルターが少し変更されましたのご留意下さい。

 月リストカレンダーの表示

表示はショートコード「list_monthly_calendar」を指定して表示します。

パラメータの設定

「id」は予約品目の post id で、カンマ区切りで複数指定することが可能です。パラメータの指定は他に以下のものがあります。

  • class
    月リストカレンダーを内包するdivタグに指定するclass属性です。
    デフォルトは「list-monthly-calendar」です。
  • title
    tableタグを利用したカレンダー表示の上部に表示するh3タグで囲まれたタイトル名です。「title=””」のように指定すると表示されなくなります。
    デフォルトは「予約カレンダー」です。
  • anchor
    タイトルのh3タグに設定するid属性です。月の切替えや時間割などのページ切替えで、タイトルがブラウザー上部に表示されるようになります。
    デフォルトは未指定です。
  • year,month
    「year=”20xx” month=”yy”」のように指定すると、指定年月のカレンダーが表示されます。
    デフォルトは当年当月です。
  • caption
    カレンダー上部の対象年月表示で「caption=”0″」とすると表示しなくなります。
  • pagination
    月のリンク表示位置を指定します。
    0:非表示
    1:下部 (デフォルト)
    2:上部
    3:上下
  • link
    予約フォームページへのリンクを抑制したいとき、「link=”0″」と指定するとリンク表示されなくなります。
  • suppression
    予約付加文字の出力を抑制したいとき、「suppression=”1″」と指定すると文字が出力されなくなります。
  • calendar_id
    フィルターメッセージを利用してメッセージを書き換える際、表示カレンダーを識別したい場合に予め半角英数字の任意の文字列で指定します。デフォルトは空です。

メッセージフィルター

予約カレンダーに表示されるテキストを変更したい場合や、画像を利用したデザインへ変更したい場合などにこのメッセージフィルター機能を利用すると有効です。

月リストカレンダーのメッセージフィルター

  • mtssb_article_name
    予約品目で登録したタイトルが長い場合、短くして見やすくすることができます。

    • 引数:
      $str (デフォルト文字列)
      $param = array(
      ‘aid’ => 予約品目ID,
      ‘cid’ => calendar_id);
    • 戻り値:
      表示文字列
  • mtssb_day
    日付の表示形式を変更したい場合に利用します。

    • 引数:
      $str (デフォルト文字列)
      $param = array(
      ‘day’ => Unixタイム,
      ‘cid’ => calendar_id);
    • 戻り値:
      表示文字列
  • mtssb_monthly_calendar_marking
    記号や残数を独自の画像などに書き換えたい場合に利用します。

    • 引数:
      $str (デフォルト文字列)
      $cid (calendar_id)
      $mark (予約状況を表すdisable,full,low,booked,vacantの1つ)
      $remain (予約空き残数)
    • 戻り値:
      表示文字列 (imgタグなど)

次はメッセージフィルター関数の例です。

注:プログラム例は動作確認していません。